JPMA 一般社団法人太陽光発電安全保安協会

「太陽光発電メンテナンス技士」は一般社団法人太陽光発電安全保安協会の登録商標です

竣工検査サービスcompletion-inspection

竣工検査サービス

竣工検査サービスとは

「使用前自己確認制度」が義務付けられている出力500kW以上2,000kW未満の設備は、完工事の点検・検査も進んでいますが、一方で500kW以下、特に50kW未満の低圧太陽光発電設備については、法定の制度がないため完工時の点検・検査はおろそかになり、初期トラブルで運転を間もなくして発電が停止する、といった事例も少なくありません。

JPMAでは、太陽光発電設備が20年間安定した発電を続けるためには、連系開始前の段階できちんとした検査・確認を行なうことが重要と考え、JPMA認定の「太陽光発電メンテナンス技士®」による竣工検査代行サービスを行っております。

第三者機関として客観的なデータを提供し、発電事業者様のエネルギー資産が適正に運転されるかどうかの判断基準を正確に提供することが求められる竣工検査。

JPMAでは有資格者がしっかり竣工検査を行います。

※JPMAの「太陽光発電メンテナンス技士®」資格は裁判外紛争解決機関(ADR)基礎資格として法務大臣の認証を受けています

竣工検査がおろそかになるリスク

初期トラブルにより、発電そのものがストップしてしまうことはもちろん、FIT(固定価格買取)の売電権利がはく奪されてしまうというリスクがあります。

結果、設置した太陽光発電設備から収益を得られなくなってしまい、発電事業者様にとって大きな損失となります。

また、最悪の場合には火災や、台風により架台から吹き飛ばされてしまうなど、周囲に被害を及ぼす危険もあります。

竣工検査サービスは、太陽光発電設備の安定した発電を守る、その一助となります。

竣工検査サービス内容(実施予定項目)

  • ◆直流側ストリングごとのI-Vカーブ測定(STC変換による)
  • ◆絶縁抵抗測定(モジュール~接続箱間)
  • ◆竣工検査成績書提出

※外観目視点検はオプション(別費用)になります。

検査費用

  • ◆低圧(50kW未満):一律70,000円
  • ◆高圧(50kW以上100kW未満):70,000円~150,000円
  • ◆高圧(100kw以上300kW未満):150,000円~400,000円
  • ◆高圧(300kW以上500kW未満):400,000円~600,000円
  • ◆高圧(500kw以上):別途お見積もり

※上記価格はAC出力を基本とします。